つたえる

作物の生産から食卓へ。つくる事は「人の手」を繋ぐリレー。種を撒き、育て、収穫する。そして、調理する。「人の手」が繋いだものが形を変えていく事。

手から生るもの@熊本県南部・佐賀鹿島・長崎雲仙、波佐見

前回から続く「美食」

まだ熊本県南部。

ここは水俣市の山の奥。鹿児島との県境はすぐそこ!

 

モンヴェール農山「農山畜産」

 

国内では岩手とココでしか飼育していない、「バブコック」という種類の豚を育てています。

林業と畜産のハイブリット生産者が育てるこの豚。

森林浴しながら、美味しい天然水で育てています。

肉の脂が甘い事・肉の水分が少ない事・赤身の味が濃い事。

農山畜産で育てた厳選豚を使った美味しいメンチカツがこれ!

ハブコック100%の豚メンチです。

ジューシー・迸る肉汁!でも食べた後、口の中はギドギドしない。

これが農山畜産の豚肉の真骨頂!

 

おいしかよ~!この豚メンチ。

f:id:ecobai:20140206143234j:plain

 

こちらは旨み濃い味が「ガツン」とわかる焼き豚。

奥は生ウィンナー。これがまたタマラン!!肉汁じゅーーー!

f:id:ecobai:20140206143130j:plain

 

次もそのまま肉繋がりで・・・

「愛が育てるあしきた牛」JAが考えたネーミング。

いいと思いません?

そのものの育て方でした。

 

牛は可愛い。

写真を撮っていると、寄ってくる。

大きな目でこっちをじっと見てる。

こじんまりした牛舎でのーんびりと育っていました。

肉質、良いそうです!熊本県の南部を代表する黒毛和牛。

f:id:ecobai:20140206155927j:plain

 

ココ熊本県南部では多くの「熊本の宝石」とも言うべく食材に出会いました。

この地区は阿蘇や黒川などの観光地ではありません。派手さはない。

だからこそ人の手から生る「豊食」が詰まっている。

こちらの食材、かなりおススメ!

熊本の皆様、いつもありがとうございます。

 

そしてそして。

エコバイの柑橘農家さん、長崎県西海市と佐賀県鹿島市。

今年は新たな品種も増えて、ますます忙しく。

香りが強い外国の品種が人気の昨今、農家さんも多品種を作り始めました。

f:id:ecobai:20140208133446j:plain

f:id:ecobai:20140209143852j:plain

 

先日、中目黒の「はな豆」さんで開催させて頂いた柑橘13種食べ比べ

人気柑橘の傾向が明確に。

甘さはもちろん、香りが強い個性派が人気。

日本の柑橘は全体的に味も香りも「薄い」のだそう。

近頃すべてが濃いと思いませんか?米も野菜もフルーツも。

でも「控え目」な方が日本食には合っているように思うのですが。

世の指向は逆行していますね。人の好みは時代と共に変わります。

 

うちの柑橘は「薄皮が薄い」のが特徴。

見てコレ! 割っただけでやぶけとるでしょう?

f:id:ecobai:20140208133156j:plain

今年は不知火(デコ)が豊作。「木成りデコ」

うちのネットサイト「大和のちから」でも近日スタート予定!

http://shop.gnavi.co.jp/yamatonochikara/

お楽しみに!

 

さて、まだまだ続く九州の美味。

今回は長崎で面白い伝統野菜に出会いました。

その前に、硫黄香る温泉で一休み。

九州にいる時はいつもガッツリとスケジュールを入れるのですが、今回は少しだけゆっくり。

良い気分転換になりました。温泉気持ち良かったー!

 

硫黄スチームに包まれながらの散策。

今も活発に噴気を上げている雲仙地獄。雲仙国定公園の中にある温泉地です。

f:id:ecobai:20140209094747j:plain

 

さて翌日、疲れもぶっ飛ぶ元気の塊、馬場さんと出会いが。

「守山女性部加工組合」女性だけ8名で切り盛りしている組合です。

主な産物は「雲仙こぶ高菜」

 この地区に残る、伝統野菜の種取り、栽培、加工、販売。

こぶ高菜、生で食べたら美味しかった!サラダでもかなりイケます。

漬物だけではもったいない。

 

馬場さん、熱い想いを語ります。

f:id:ecobai:20140209112345j:plain

 

「こぶ高菜」のこぶはコレ!デベソみたい。

f:id:ecobai:20140209115842j:plain

 

見るからに美味しそうな葉っぱでしょう?

えぐみも嫌味も、なーにもない素直な味です。

そりゃー漬物が美味しいはず!

 

この地区のもう一つの伝統野菜「女山大根」

f:id:ecobai:20140209121420j:plain

岩崎さんの畑。自然栽培。

この赤いのが女山大根。

 

農家さんの倉庫の片隅にあった「雲仙こぶ高菜」が復活するまでには奇跡に近いストーリーが。

消えかけた品種に再び火を灯す事は、並大抵の努力じゃできません。

農業は自分一人でやるものではなく、地域の「協力」が必要。

ここまで来るには大変な事も多くあったでしょう。

 

一つの種を守り継ぐ覚悟をもった「守山女性部加工組合」

ここの素敵な加工品達は、働く方そのもの。

「真っ直ぐな志」の味がしました。

 

地元産こんにゃく芋100%「手作りこんにゃく」

貴重でしょう?

f:id:ecobai:20140209112157j:plain

香りも味もピカ一!でした。

働く皆さんの顔もピカピカ!

馬場さん、組合の皆様、誠にありがとうございました。

 

そんな長崎を後にして。

悪名高き、 諫早湾干拓事業の潮受堤防。

その堤防の上を走る道路のおかげで島原~鹿島間はあっと言う間。

ちょっと複雑。

 

佐賀県嬉野のトロトロの温泉。ここは名湯なんですね。

目の前に並ぶ佐賀食材のお料理にも舌鼓。

f:id:ecobai:20140209193553j:plain

腹一杯になり、気を失っている間に何品出たのか・・・

とにかく今夜も修行のような美食三昧!

ここは内緒。とてもとても良かったです。

 

翌日は長崎県庁の方のご案内で「波佐見焼」の工房へ。

青磁の器。シンプルだからどんなお料理にも合います。

 

有田のお隣、波佐見焼。

近年、北欧のデザイナーとコラボしたり、面白い展開を見せています。

 

一つずつ手書き。

f:id:ecobai:20140210110100j:plain

 

 釉かけてる。

f:id:ecobai:20140210110709j:plain

 

 丁寧に一つずつ。

f:id:ecobai:20140210110730j:plain

 

ワクワクする。

f:id:ecobai:20140210124252j:plain

 

散策にはもってこい。

さすが!な街並み。

f:id:ecobai:20140210120219j:plain

 

波佐見焼は食材とのギフトセットで使わせて頂きます。

出来上がりがとても楽しみ。

 

熊本・長崎・佐賀。

今回、どの食材(商材)を見ても人の手の温もりが。

大量生産が悪い訳ではないですが、この様な「手の温もり」を感じるものをお伝えしたい。

 

「生産」とは「手から生るもの」

そこには、手を通し、繋いだ伝統や想いがたくさん詰まっていて。

それを伝える人に、私はなりたい。

もっと多く。広く。