つたえる

作物の生産から食卓へ。つくる事は「人の手」を繋ぐリレー。種を撒き、育て、収穫する。そして、調理する。「人の手」が繋いだものが形を変えていく事。

Earth Day@New York city.USA

4月22日 Earth Day「地球の日」
ニューヨークでは19日~22日にかけて、マンハッタンのいろんな場所でパレード、講演、マルシェなどを開催していました。

1970年からスタートし、長い歴史があるイベントですが、今回の水俣地域の参加は日本初でした。
SONY DSC

環境問題は、人と生物、地球、更に人と人のコミュニケーション問題ともいえます。
人間は、この地球と100%関わり、家族や友人との間柄にも似た不可分の関係を持っています。
アースデイは私たち自身のことでもあります。

60年程前に公害があった水俣地域。
不知火湾に垂れ流したメチル水銀により、その海の海産物を食べた人に発症しました。
海産物の生産者さんにも。
環境が壊れると、暮らしが壊れ、人も壊れます。
そこから長い年月をかけ、地元と環境省で改善を繰り返しやっと「環境首都宣言」をしたみなまた。
地域の方のこれまでの道のりは大変なものでした。
このNYアースデイに出る事は「環境の復活」を意味します。

ユニオンスクエアは良いお天気!
SONY DSC

これぞ水俣地域の環境が復活した証。
肝入りの加工品達。
SONY DSC

お天気ですが、気温が低く寒かったのですが・・・
見て下さい!
うちのブースだけこの人だかり!!
SONY DSC

今回、とても驚いたのは!
なんと「いりこ」が一番人気だったこと!
海の復活を意味するつもりで、持っていったいりこ。
海藻の森となった不知火湾で捕れたとびきりの無添加いりこです。
味が濃くて、ちょうど良い塩気。最高の逸品。
その味は子供にも大人気!
SONY DSC
ムシャムシャとたくさん食べてくれました。

我が国トヨタの水素自動車も展示され・・・
水しか出さないので、そりゃもうクリーン車の筆頭ですよね。
SONY DSC

ステージではライブもあり。
SONY DSC

一人一人のお客様に
みなまたの食材の説明をし。
でもこの地域の事をご存知の方も多かった。ある程度年配の方ですが。
現在の取組み内容を聞いてこられた方も。
SONY DSC

不慣れな英語で、たくさん伝えた日。
水俣が動き出した記念の日。

今回、このイベントに協力してくれた
NY在住のYOKO、JAPAN SOCIETYの宮本文子さん、オーロラプロの川島さん、富士観光バスの石丸さん
Thank you very much really.
I’ll appreciate sincerely.

天野さんと一緒に
ニューヨークの空で
みなまたを叫んだ日でした。