つたえる

作物の生産から食卓へ。つくる事は「人の手」を繋ぐリレー。種を撒き、育て、収穫する。そして、調理する。「人の手」が繋いだものが形を変えていく事。

臼杵古里映画学校@大分県臼杵市

2月、晴天の日。
この日を待ちに待っていました。
水俣市の「天の紅茶園」の天野さんと、お隣の津奈木町役場の福田さん、
そして、故郷発信「食ブロガー」の愛ちゃんと、大分県の臼杵古里映画学校の開校式に!
お誘い下さった臼杵市元市長の後藤様、映画監督の大林千茱萸(ちぐみ)様、
誠にありがとうございます。

さてさて。
大分空港に着いて。
まずはこれを見なくては。
由布岳。
SONY DSC

少し雪がかかっていますね。
見慣れた景色。故郷は山を見て「帰って来たなー」と思えます。

由布院を散策。数年ぶりです。
この日は旧正月。
なるほど香港、台湾の方の観光客が多かった。

まずはここへ。
亀の井別荘のカフェ「天井桟敷」
炭火焼深煎りコーヒーが美味しいカフェです。
SONY DSC

ひとしきりゆっくりと散策し、明日に備えます。

そして
臼杵。懐かしいなぁ。
子供の頃以来かな。
大分県東部の城下町。国宝の「臼杵石仏」があります。
魚、野菜が美味しい所!というイメージ。

その臼杵市が「臼杵古里映画学校」を開校したのです。
SONY DSC

開校イベントでは、大林宣彦監督による映画製作・演技についてのワークショップや、ふるさとの良さについて語り合う「全国古里サミット」など。
豪華絢爛のキャストで、そのクオリティの高さに圧倒されました。
これが九州の一都市ができることなのか・・・

上映作品は「野のなななのか」のほか「姉妹篇」の「この空の花 -長岡花火物語」、臼杵を舞台にした「なごり雪」、「100年ごはん」など。

臼杵という地域は、街並みが本当に美しいのです。
地元の方は「なーんにもない」とおっしゃいますが、本当は「何でもある」のかもしれません。

上映会のトップバッターは大林千茱萸(ちぐみ)監督の「100年ごはん」
http://100nengohan.com/index.html
この映画、農業の仕事をする私にとってはとても誇りに思える映画でして。
昨年12月、熊本県水俣市で上映会を開催、後藤様、千茱萸監督と生産者のみなさまで、未来の地域と生産の話をさせて頂きました。
そんなありがたいご縁でこの日を迎え・・・

SONY DSC
親子饗宴。笑顔が素敵です。本当に感動しました。

夜の交流会の素晴らしかった事!
臼杵中から地元の食材を使った料理が集まり・・・

これ!
SONY DSC
かぼす鰤

郷土料理「きらすま飯」
SONY DSC

農業界のスーパースター赤峰さんの野菜も!
SONY DSC
赤峰さんの笑顔に会えて、それだけで200%のエネルギーを頂いた気分です。
そして、赤峰さん自らが作って下さった野菜料理が滲みました。

感動の夜は更け。
翌日も眩しいほどの晴天!

この日は「100年ごはん」の映画に出てくる「臼杵市土づくりセンターへ」
SONY DSC

草木8割、豚糞2割が主原料の完熟堆肥を製造。
臼杵市が基幹産業に農業を選んだ覚悟のセンター。

全ての原材料は臼杵市産。
80℃近くで発酵中。
SONY DSC

湯気が・・・
SONY DSC

良い香り!この黒々とした立派な土を見て下さい!
微生物が育んだ臼杵産の土です。
SONY DSC

その土を使った畑に。
フカフカ!
SONY DSC

出来たブロッコリー!キラキラです。
SONY DSC

良い生産には良い土が必要となります。
その土を地元で生産することに行政が取組む。
ここほどの規模のものは全国初。
できそうでなかなかできない事なのです。

出荷を待つ「夢堆肥」
ネーミングは公募で決まりました。
SONY DSC

この一連の流れの中で。
出来上がった堆肥を見てつくづく・・・
臼杵はとても贅沢だなーと。

この様な発酵堆肥は、うちの農家さん達は自前でやっていること。
それぞれの品目に合うものを自家製で作ってます。
何度も何度も切り返しながら、完熟になるまで。
そこにこだわりを持ってらっしゃる方も。
臼杵では基本の「き」の字を行政がやってくれる。
それが「夢堆肥」
あとは、品目毎に少し特徴を持たすだけでいい。
「夢堆肥」を使い、無農薬で育てた野菜には「金のまるほ」シールを貼る。
「ほんまもん野菜」として臼杵市が認証。
大分県内のコープさんや市内の直売所などで販売し、好評を得ています。
「ほんまもん野菜」は臼杵市の学校給食の野菜として使われています。
そう。日本の宝物、子供達にこそ、この素晴らしい野菜を食べさせたい。
「土」から地産地消です。
その想いにとても共感し、感動しています。

この取組みの素晴らしさは、全国の行政などからの絶えない視察でわかります。
毎日2、3件、多い時は5件ほどの案内をするそうです。

「100年ごはん」の映画も、全国60か所以上で上映を繰り返している事を、臼杵の方はご存知なのかな?
千茱萸監督が、上映後に丁寧に臼杵市の取組みについて説明ながら、全国の生産者さん達の気持ちの導火線に火を付けている事も。
大分県臼杵市は話題のスポットになっています。
でも。
主人公がこの映画が持つ威力に気づいていないような・・・
地元って、そんなものなのかもしれませんね。

「100年ごはん」は書籍の出版も決まり、益々話題に。
「ほんまもん」が繋がり、継続し、広がる。
これからもこの映画を応援していきたい。
行く先々の方が上映後は、晴々とした顔に変わりますから。

シンプルに、
紹介して頂いた方達の為にも、しっかりと繋がり、伝える事が恩返し。

ま、食べてみたらわかる。
論より証拠。

ま、見たらわかる。
論より証拠。