つくる

作物の生産から食卓へ。つくる事は「人の手」を繋ぐリレー。種を撒き、育て、収穫する。そして、調理する。「人の手」が繋いだものが形を変えていく事。

【茶】熊本県芦北町 梶原さん

日本茶

熊本県葦北郡芦北町。
トマトの八代市よりももっと南。

紅茶を取扱い初めて、どこにいっても「梶原さん、梶原さん」と聞こえてくる。
同業が一目置く「お茶のカジハラ」
SONY DSC

ここは柑橘の産地でもあり甘夏が有名。
カジハラさんもシーズンになれば地域の甘夏収穫をお手伝いします。
どこも、高齢化による人材不足が深刻。

急斜面に広がる茶畑。
こんなに傾斜がキツイなら収穫が大変。
でも南にむかって広がる畑はたくさんお日様が当たり、お茶にとっては天国の様。

木製の揉捻機を大切に磨き上げ作る紅茶。
SONY DSC

紅茶にこだわる生産者は木製がいいと言います。
水分を木が吸収してくれて具合が良いそう。
その他の設備も古いけど、清潔に管理されています。

SONY DSC
頂いたのは水出しの「べにふうき」
花の香り、蜜の香り、飲んだ後にジワーッと感じる軽やかさ。
SONY DSC

ここには「在来」があります。
天然のブレンド茶という幻のお茶。
品種ではない地域に昔から伝わる、実生のお茶。
挿し木をした品種ではないお茶で、これこそ地域のテノワール。
抜かずにとっていたのですね、ご先祖様が。
ありがたい。

在来の釜炒り茶は上手い。
香り、のど越し、力強さ、全てある。

在来って力がある。
勢いというか生命力というか、そんな力の源がある。
頂くと大地のパワーを手に入れた感覚に陥る。

また、本場台湾の烏龍茶もビックリな「微発酵茶」と自生している綺麗な「ヨモギ」を積んで紅茶と合せた天然香料の「フレーバーティー」も。

ここは茶産地ではない、だから個性のあるものを、ここにしかないものを丁寧に作り、できた分だけ売って行こう。
そんな姿勢が言わずとも伝わる。

毎年、紅茶マニアが梶原さんのお茶を楽しみに待っています。